許容もなく慈悲もなく

Keita Ito/イワシミズの文章です

会話 冬 最近読んだ本

会話

 

僕が文章を書く時はだいたい、精神がそんなによろしくない時だって薄々気づいてきた。

 

職場におけるカンバセーションを僕は「社交」と呼んでいて、いつも必死こいてやっている。失言を過剰に気にするあまり「この発言はよかったか?」「今は表情をキープできていたか?」なんてことを四六時中チェックしてる。さすがに疲れてくる。できたら相手の思ってることなんて理解する気ない失礼な人間のふりして雑にやりたいけど、それほど度胸あるわけでもなくて、今日もアルカイックスマイルをやっている。

 

コミュニケーション能力にも検定があればいいと思う。コミュ検。

 

問1『彼はそのとき少し声のトーンが落ちました。なんと答えれば良かったでしょう。』

①『残念だったねw』

②『僕にはわかるよ』

③『うんこのおまもり』

 

みたいな。これは五級の問題ですが。一級を持ってたらそれだけでみんなから良い人間扱いで、好きに生きていい。持ってないやつとか五級のやつとかはみんなからすごいバカにされるし、ほぼ家畜。でも実は持ってない人たちの中にもすごいコミュニケーションが上手い人達がいて、そういう人たちはいわゆる「ネイティブ」として扱われる。電車の中釣りにはいつも『この冬こそ、目指せコミュ検二級!』みたいな広告がたくさんあって、文化人たちのコミュニケーション能力詐称が社会問題になる。幼い頃からコミュニケーションの英才教育を受けてきた子どもたちは軒並み学力が低く、「あまりに勉強ができると不快に思う人が出るから」とかそんなわけのわからない忖度によって生み出されたコミュニケーション・マシーン達が往来で愛想を振りまいている。そんな中僕は唯一人の特級で、ものすごくコミュニケーションができる唯一神。あまりにできすぎてもうやばいことになっていて、僕の周りはいつも人間で溢れている。ほぼ朝の東西線。そして彼のその所作の一つ一つに意味がある。その手の形一つ一つに魂が込められている。僕が動いたその時ハンターハンターでいう円みたいなオーラがあたりを包み込んで、そのオーラに触れた人間を全員「察する」。察する、察していく。とにかく察する。しかもすごいモテる。人間国宝。否、彼こそが「人間」そのものなのだーーー。

 

 

寒い。大人になってから乾燥しやすくなったのか、寒くなると手とかかゆくなる。日常のルーチンワークの中に新しく「リップクリームを塗る」や「保湿クリームを塗る」や「ヘアオイルを塗る」などの動作が加わって、冬になったなと感じる。感じていく。とにかく感じる。もはやうんこのおまもり。

 

最近読んだ本

 

論理トレーニング101題

論理トレーニング101題

 

 これです。いや、君が言いたいことはわかるよ。ミーハーですまないが、これを読んだんです。 

hikakujoho.com

これを読んだら僕の感想文は無になる。

 

現代文の問題に共通しているところもあるけど、一問一問しっかりとした解説がつけられていて、「教科書」としても「問題集」としても「読み物」としても楽しい一冊だった。得た知見は使い所を見極めて使っていきたい。

 

 

もう何もいうな。これもめっちゃよかったんで今すぐ買いましょう。いや、むしろもう買っている?

 

ウォッチメイカー〈上〉 (文春文庫)

ウォッチメイカー〈上〉 (文春文庫)

 
ウォッチメイカー〈下〉 (文春文庫)

ウォッチメイカー〈下〉 (文春文庫)

 

 

 実はまだ途中だからネタバレはやめてください、許してください。ではまた

 

聞いてくれ

 

soundcloud.com

 

居酒屋でバイトできるお前はすげえよ

『生2つー!』

『あいヨォ!』

『後ろから失礼しますー串の盛り合わせですー!』

『ありがとうございましたー!』

 

僕は格安の居酒屋で飛び交う怒号を聞く。その居酒屋の店員たちはいつも元気で、彼ら同士も笑いながら仕事をしている。コミュニケーションは良好そうだ。その光景を見ると、自分にはこんなの到底無理な芸当だと痛感する。

 

居酒屋バイトはハイコンテクストの魔窟みたいなところだ。

 

彼らが仕事で要求される能力は大きく二つある、と思う。「いくつもの仕事を優先度順に並び替えて、常に頭の片隅に置きながら、複数を並行して進めていくこと」。そして、「密にコミュニケーションを取り合いながら、笑顔を絶やさず働くこと」の二つ。僕はステージでライブするみたいな、「一つのことに集中して結果を出す」タイプの仕事にはそこそこ自信があるんだけど、「複数を並行して進める」タイプの仕事にはかなりの苦手意識がある。だから、それを当たり前にようにこなす居酒屋の店員には少なからず萎縮してしまうのだ。

 

そんな僕も居酒屋ほどではないけど、その色の強い飲食店でバイトをしていたことがあった。それはまさに地獄であった。

 

* * *

 

あれは高校生の頃、AO入試で受験が10月に終わって暇を持て余していた僕は、近所のうどん屋でバイトを始めた。僕にとって初めての飲食店ホールでのバイト、バイト仲間たちは若い連中ばかりだった。

 

仕事は予想通り全くできなかった。メニューを間違える、オーダーを忘れる、声が小さいなどの大小様々なミスを全てこなした僕は、この役立たずとばかりに皿洗いをしていた。皿洗いの仕事は楽だった。ただ食器を綺麗にして、食洗機の的確な場所へ収納する。それを繰り返す。単純な作業だ、夢中になって続けていた。

 

その時、「何やってんだ!」と怒声が響いた。客に運ぶはずのうどんが、まだ給仕されないまま台に置かれていた。皆、手が空いておらず、どうやらこれは僕が運ぶはずだったものらしい。「何やってんだ!」と糞みたいなメガネに言われた。糞みたいなメガネに。うどんは冷めて伸びきっていた。

 

後のバイトの忘年会で、みんなが酒を飲んでバカみたいにはしゃいでいるのを見て、僕の胸に去来したのは「虚無」だけだった。虚無そのものであった。僕はくしゃくしゃになった制服を置いてバイトを飛んだ。それから二度と飲食店では働かなかった。

 

* * *

 

何年も経って、僕も多少マシになったのか、今は教員として働いている。でも、教員の仕事にも居酒屋バイトみたいな「仕事の優先順位を考えつつ、複数の作業を並行して進める」要素があって、未だにそのジャグリングを上手く回せないこともある。要件を頭に留めることができなくて、予期せぬ事態に陥った時、僕の脳裏にはあの時の伸びきったうどんが浮かんでくるのだった。

 

だから、居酒屋でバイトできてるお前はすげえよ。

soundcloud.com

完全に自己が肥大化している。

 

最近はあんまり精神の調子が良くない。理由ははっきりしていて、忙しない日々の中で、生活が単調になってきているから。職場と家と(たまにスタジオ)の往復だけの毎日。

 

一つの環境だけで完結する生活が続くと、明らかに自分に余裕がなくなってきていることに気づく。狭い人間関係で、会話一つを取り上げて一喜一憂したり、他人のどうでもいい発言をいつまでも許すことができなかったり。いや、それは前からそうなんですが。

 

仕事に関して、自分への過大評価がなくなったことも落ち込みの一因になっていると思う。以前までは万能感というか、自分にはどこかにピーキーな能力があると思っていて、それでなんとか社会を渡っていくんだろうなんて皮算用をしていた。実際のところそうでも無いらしい。普通に要領もそこそこで、社交的なぺらぺらの会話を難なくこなす人間だったようで、安心した反面、少し悲しくなった。まあ、それでもシラフで社交するのは無理なんで、それなりにマインドセットはしているんだけど。

 

趣味の音楽も息抜きっていうか、なんか強迫観念みたいになってきて、常に焦りながら作っている有様。これでいいのか不安になってきた。一人でただ働きながら、引きこもって曲作ってもあんまり楽しくは無いっぽい、もっと外に向かなきゃなと思う。

 

「外に向く」ためには、仕事でも趣味でも、新しいコミュニティを自分から探して所属することが必要だ。そうは言ってもワリと難しいよね、それって。とりあえず今は精神を整えつつ、曲を作って活動していけばいい。やっぱライブとかするのか?

 

この間作った曲を最後に貼っておくのでよかったら聞いてください。

soundcloud.com

  

 

ずっと部屋にいるとろくなことにならない

ここ二週間くらいずっと咳が止まらない。医者に行って薬も貰ってちゃんと飲んでいるんだが、なかなか治りが遅い。季節の変わり目にわかりやすく夏風邪をひいて、そのせいで先日は約束を反故にしてしまった。

 

ずっと家の中にいるとくだらないことを考え始める。あの時不快だったやりとり、嫌いだった人間。やってしまった失敗。ともすると中学時代くらいまで遡って思い出すあれこれ。周りの人がみんな無遠慮な人間に見えてくる。やらないといけないこともできていない。

 

他の人はどうだか知らないが、僕は落ち込みやすい方だと思う。小さなことをいつまでも引きずるタイプだ。その上被害妄想も激しいので、自分の内面と戦うのにはいつも苦労している。近年はだいぶコントロールできてきたが、今でも暇になるとすぐにマイナスな思考が展開されるので、なるべく怠惰な時間は作らないようにしている。いや、できてない時もたくさんあるけど。幸い、仕事はそこそこに忙しいので、随分マイナス思考は減ったように感じる。

 

だから、最近の体調不良でぼーっとしていたら、普段はどうしていたかわからなくなった。あらゆる問題は本当は解決していなくて、ただ先送りにしてるだけだったらどうしよう。そんなこと考えていてもしょうがないけどね。 

 

 

 

イワシミズふたたび

僕がこれまでやってきた音楽について書きたい。

 

かもめのマリーというアコースティックユニットをやっている。

twitter.com

ギターをピアノをバックに、二声でハーモニーを重ねていくのが売りのユニットです。

youtu.be

虚の街から MV

 

三年前(もうそんなになるのか)にかもめのマリーをはじめる前は、ふざけた曲をたまに作るくらいで、ちゃんとした作曲なんて無理だと思っていた。言いたいことなんてまるでないから。

それでも大学ではアカペラとかやっていたので、その辺うまく見繕って、なるべくハーモニーが活きるようにポップな曲を作っていた。そこからはなんとなくで、ライブができるようにバリエーションを考えてなんとかやっていた。はじめの頃の曲はかなり迷走してる感じがあるので、もうあんまり聞きたくない。

今ではかもめのマリーはレパートリーも増えて、自分たちなりのスタイルが確立しつつある。新譜もそろそろ作っていこうと思っている。

 

一方、higmaというバンドでも少し活動していて、そこでも曲を作っていた。

itcomet.bandcamp.com

かもめのマリーでのポップな音楽と違って、暗く激しい呪詛みたいな仕上がりになることが多かったので、それは新鮮で楽しかった。

 

その2つのバンドで作曲をやっていくうちに、自分の好きなようにできる音楽も作りたいと思うようになった。それがイワシミズである。

f:id:itcomet:20170325164613j:plain

アートワークはコムラマイさんに撮って頂きました。めちゃくちゃ嬉しい。

twitter.com

 

自分で全部の楽器弾いて録音、ミックスまでやってみると、なかなか思うように行かず難しい。だけどできた音楽は100%自分の思い通りなので、そこに愛着が持てて良い。

soundcloud.com

今一番聞いてほしい曲です。

 

スタジオ借りて録音してもらったり、ミックスお願いしたりするのは完成度は高いかもしれないけど、自由度はそんなに高くない。今までは自分の作った曲なんてあんまり聞かなかったんだけど、イワシミズの曲はけっこう聞いている。今後は色んなアプローチで曲を作っていきたいと思う。

 

年内にはEPを出したい、出します。できたらPVも作って宣伝もしたい。

悟空みたいにいうと、EP(えぇぺぇ)を作ってPV(ぺぇぶい)を作るぞ!

そんな感じです。(この文はいるのか?)

頑張るのでよかったらチェックしてみてください。