許容もなく慈悲もなく

暮らし、音楽、教育関係

結婚式その後 精神 最近読んだ本

結婚式その後 友人の結婚式も終わって日常に戻っています。 もう一週間以上経っているけど、それはそれは楽しい一日であった。 前日は謎の期待と緊張であまり眠れなかった。僕はこういうことが多い。式場はポートタワーのすぐそばのすごい豪華なやつでした、…

友人の結婚式あれこれ

僕と同じ世界線に生きる皆さんなら、毎週のようにSNSに挙げられる結婚式の投稿にはもう飽きていますよね。 毎回「最高に幸せな結婚式〜!」だの「〇〇さん美しすぎた…」だの女子が言っておる。#こんな#風に#タグを#付けまくって#Happy Wedding#だの#…

まっとうに生きたい

未だに、自分が「まっとうに生きてる」自信がない。 いきなり、まっとうってなんだって話なんですけど、僕の周りはそこそこ優秀というか、普通というか、人生のレールにうまいこと乗れている奴らばかりなので、彼らをみてると自分がそこにちゃんと乗れてない…

Instagramで料理自慢するやつに勝ちたい

ひとり暮らしを始めてから「別人格か?」と思うほど料理にハマっている。 今までろくに家事もできなかったのに、自分一人になると急に生活の充実を図るようになった。現金なものである。そんなに凝ったものは作れないが、食器洗いが全く苦でないのでほぼ毎日…

「君に届け」を初めて読んだ25歳男性

僕の彼女が読んでいたこともあり、「君に届け」が有名な少女漫画で、甘酸っぱい恋愛ものであることはすでに知っていた。おそらく生クリームマシマシのパフェみたいな漫画だ。どう考えてももう自分の年齢とは合ってない。それはわかっていたが、読んでみると…

時にはテレビの話を

我が下宿にはテレビがない。 今思えばよく生きてこれたなって感じだが、千葉に引っ越した時は文無しだったので、家には冷蔵庫や洗濯機も何もなかった。労働をしているとお金がもらえるので、それから随時生活に必要な家電を揃えていった。炊飯器とか電子レン…

僕のあまりに稚拙な返事

こっちに来てから半年くらい経つけれど、未だに休日の過ごし方がよく分からない。この3連休中もぼーっとしていたら暇になってしまったので、大学時代の友人に声をかけた。 彼は会社員を辞めて、今はフリーランスで働いているらしい。かなり忙しいらしく、雑…