許容もなく慈悲もなく

Keita Ito/イワシミズの文章です

結婚式その後 精神 最近読んだ本

結婚式その後

 

友人の結婚式も終わって日常に戻っています。

もう一週間以上経っているけど、それはそれは楽しい一日であった。

 

前日は謎の期待と緊張であまり眠れなかった。僕はこういうことが多い。式場はポートタワーのすぐそばのすごい豪華なやつでした、飯はフグがでました。僕は余興で弾き語りをした。新郎の会社の人がちょっと泣いていた。良い結婚式の思い出になってくれてたらいいな。

久しぶりに会う友人たちには一抹の不安があったけど、意外にもとても楽しく会話ができた。昔は苦手だった集団のノリとか、テキトウな話題の選定とかが、全然嫌じゃなくなっていて、帰る頃には「また会いたい、むしろ積極的に関わりたい」とまで思っていた自分に驚いた。彼らが大人になったのか、僕にも余裕ができたのか、ぎこちなさは確かにあったけど、自然体でいられたと思う。

というか昔の僕は、気に入らない価値観を見つけたらとにかく下に見ていたので、そのせいで自分で自分の首を絞めていた。息苦しかった。背伸びは良くないね。

 

精神

ちかごろ精神が良くなってきている。

今まではダメージを受けた時の気分の落ち込みがすごくて、すぐに辛くなっていたけど、愚直に毎日を積み重ねていくと精神が徐々に良くなっていくことを発見した。すごくないですか。ただ、心が摩耗してることに気づいてないだけだったらまずいので、適宜確認は必要です。僕の場合、このような「自分の精神とどう折り合いつけるか」というのは生きる上での大きなテーマになっているので、この調子でもっと頑張っていきたい。

そして、生活の基盤が固まりつつあるので、その土台をもっと強固にしつつ、音楽活動をやっていきたい、という気持ちも生まれた。僕は日々の生活が不安定だと、表現活動のやる気が持てない人間なんだとここ2年位で学んだ。PDCAでいうと、ずっとPPPPとかCCCCばかりやっていた。それどころかKKKK(糞糞糞糞)とか、KSNR(希死念慮)とか、ろくでもないサイクルを回していたように思う。最近はあまり回らなくなったのでよかった。

 

夏には生活がある程度落ち着くので、なんかしらを発表できたらいい。

 

最近読んだ本

意味不明なサザエさんみたいな3本立てですが、最近読んだ本です。

 

羆嵐 (新潮文庫)

羆嵐 (新潮文庫)

 

 それ町で歩鳥が「あんたら羆嵐読んだことないんかい!」と言っていて、読んだことなかったので読んだ。この夏北海道に行く予定なんだが不安になった。higmaは怖い。

 

 

水野仁輔 カレーの教科書

水野仁輔 カレーの教科書

 

 カレーの教科書です。料理本ってレシピが羅列してるだけのイメージだったけど、この本は違った。日本でカレーが定着していった歴史から、スパイス一つ一つの特徴、玉ねぎの切り方、炒め方の実験などカレーの全てが網羅されてるんじゃないかってほど、まさに教科書と言うべき本だった。時々、「隠し味の二次元マトリクス」とか、「カレーは数学であり科学」とか「素材を変数に見立て」とかパワーのある文章が出てくるのでそこにも引き込まれる。この本を読んで上野センタービルの地下でフェンネルクローブ、クミンなどをわざわざ買った。

 

 

すべてがFになる (講談社文庫)

すべてがFになる (講談社文庫)

 

 学生時代に友人宅で飲んでいた時、本棚にこの本を見つけた。僕と別の友人はふざけて「Fなる〜」とか、あらゆるものを指差して「Fや〜」とか、「F飲むわ〜」とか言って安酒を飲んでいた。そのことを思い出して気づいたけど僕は阿呆ですね。

 

最近ミステリーかSFしか読めない体になってるんで面白い本あったら教えてください。