許容もなく慈悲もなく

暮らし、音楽、教育関係

Sigur Rosという神のライブにいった

シガーロス、それは神の名前だ。

簡単に「神」とか言ってしまうこんな世の中で、僕が唯一そう呼ぶバンド。

Sigur Rosアイスランドのバンドで、僕にとって特別なんだ。

 

シガーロスの説明をしたいんだけど、その音楽は筆舌に尽くしがたい。例えようがない。静かだけど轟音で、単純だけど複雑な構成に、いつまでも続くような残響…。ダメだ、どうも的を射ているとは思えない。

とにかくもうほんとグオオオオオヴオオオオオオオオオムオオオオオオオオンン…オオオオオオオオオオオオオオオンンンンン......(余韻)って感じです。語彙力が高くて助かった。

 

普通のバンドだったら、新曲とか作るけど、シガーロスの場合は創造する(つくる)だからね。その歌は讃来歌(オラトリオ)で、後罪(クライム)の触媒(カタリスト)なんですよ。意味不明。そのくらい神格化しているから、僕にとっての歴史はもうシガーロス以前、以後に分かれている、B.C?否、B.S(ビフォー・シガーロス)なのである。

 

人間生きていると断ち切りたい面倒な柵の1つや2つはある。訳の分からない人間たちに訳の分からない言語で罵られることもある。そんな時、こいつはどうせシガーロスなんてわからない人間なんだと思う。これは完全に偏見なんですが、自分とそりの合わない人間は確実にシガーロスの名前すら聞いたことない。

 

かと言って「シガーロス?いいよね~私も好き〜」みたいなことも言われたくないんですよ。俺は。「俺のシガーロスはあくまで俺の主観で見るシガーロスであって君の観点から見るそれではないしそれに…」

 

僕はシガーロスの話になると死ぬほどめんどくさい人間になる。好きすぎて距離感がキモくなる現象だ。

 

そんな僕の神であるシガーロスのライブを、昨日見ました。これはもう来日なんて生易しいもんじゃない、降臨だ。いや来迎だ。そんなわけで来日公演に行ってきた。大阪はZepp難波で行われたそれは、まさに神との邂逅であった。

 

ここからは、僕の堪能な語彙力で表現したいと思う。

 

会場の照明が落ちて、ゆっくりとスモークの煙が流れる。

暗くなったステージの奥から、ヨンシー、ゲオルグ、オーリーの三神が現れる。

僕は前から三列目、全員の顔がよく見える。

 

 神「…オオオオオオオオン…ウオオオオオン」

(ヤバイ、本物のSigur Rosだ…意外と老けてるんだな)

 

神「ヒョイイイイピイイ ウーー エンスイキローーーン」

(Ekki mukkから、うおおヤバイ!)

 

神「ズーーーン ズーーーン

グオオオオオオオオオオオウオオオオアアアアアアアアアンンンンン(ドウンドウン)

トゥシャーニーホーーーーーーー」

(グロウソウリ!!!!これ三人の音????????マジですごくない???????)

 

ここらへんで鳥肌が無限個たった

 

神「ズオオオオオオオオ…アオオオオオオアウウウウウオオオオンン

ズィイイイイイイイイイイイ-------ズオオオオアアアアアアン

グレアーーーーーー」

(「()」の曲はヤバイ!!!死んでしまう!!ギターにやられる!!)

 

神「ポン ポン ペン ポンペペンポンポン

アーーーウーーーーウーーーーー ウーーーーウーー」

(Fljótavík、Varða…美しさ)

 

…オウウウン…ゴウウウン…(余韻)

 

一部終了、今回は二部構成になっているらしく、一旦休憩があった。

そして、ステージの奥まったところから再び現れる神々。

 

神「ドンドドン ドンドン」

(照明、VJもものすごいなこれ)

 

神「ギリギリ ギリギリ…」

(まさか…これは…)

神「ペンペペンペンペンペンペペン(テンテテンテンテン)」

ワァ-------

(Sæglópur!!!!!!!!!!!!!ああrgじゃgjっkdj!!!!!!?????)

 

ここで会場のボルテージは最高潮となり、

 

神「ドンドンパ ドン ビーー ドンドンパ ドン ビーー ドンドンパ ドン ビーー

ゴオオアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

アフチュールミーーーー」

(ぬいバッテリーーーーーーー!!!!!!!dふぁgdg)

 

神「ポン ポン テレン テンテン

ユーーーサレローーーーーソーーユソーーー」

(Vaka!!!!!!!!!!fjhjfhがじ)

 

神「ドンドンドンドンドンドン   ドンドンドンドンドンドンドン ドンドンドンドンドンドンドン ベ------ベ---ベ---ベ----」

(フェスティバルっ!!!!!!!この曲のカタルシス!!!!!ドラムがいつの間にか半裸に!!!!!)

 

神「ブーーーンブーーンン オアアアアアン」

(ああ…さっきヨンシーがちょっとこっちきたん良かったな…)

 

神「ゴアアアアアアン ヴアアアアア ズィオウアウアウアウ 

シャアアーーーーーーーキーーーーローーン 

ズンズン…ズン…」

 

ヌアアアアアアアアキイイイイイアアアンンン……ウイイイイイアアアアアン………(余韻)

 (あああ………)

 

 

 

 

終わった。

 

正直、Sæglópur Ný Batterí Vaka Festival の流れはやばすぎて今思い出しても鳥肌が立つ。でもまだ見たかった曲いっぱいあるし、もっとやって欲しかった。巨大な自然そのものみたいなSigur Rosのライブは、森の静けさから、風の音、雷鳴や嵐みたいな轟音まで、会場いっぱいに暴れまわっていた。そして、その余韻といったらないよ。ほんとに圧倒された。またいつか必ず見たい。最高だったーーー

 

 

f:id:itcomet:20170803214642j:plain

 Takk...