許容もなく慈悲もなく

Keita Ito/イワシミズの文章です

ずっと部屋にいるとろくなことにならない

ここ二週間くらいずっと咳が止まらない。医者に行って薬も貰ってちゃんと飲んでいるんだが、なかなか治りが遅い。季節の変わり目にわかりやすく夏風邪をひいて、そのせいで先日は約束を反故にしてしまった。

 

ずっと家の中にいるとくだらないことを考え始める。あの時不快だったやりとり、嫌いだった人間。やってしまった失敗。ともすると中学時代くらいまで遡って思い出すあれこれ。周りの人がみんな無遠慮な人間に見えてくる。やらないといけないこともできていない。

 

他の人はどうだか知らないが、僕は落ち込みやすい方だと思う。小さなことをいつまでも引きずるタイプだ。その上被害妄想も激しいので、自分の内面と戦うのにはいつも苦労している。近年はだいぶコントロールできてきたが、今でも暇になるとすぐにマイナスな思考が展開されるので、なるべく怠惰な時間は作らないようにしている。いや、できてない時もたくさんあるけど。幸い、仕事はそこそこに忙しいので、随分マイナス思考は減ったように感じる。

 

だから、最近の体調不良でぼーっとしていたら、普段はどうしていたかわからなくなった。あらゆる問題は本当は解決していなくて、ただ先送りにしてるだけだったらどうしよう。そんなこと考えていてもしょうがないけどね。